スマテン

CASE STUDY

導入事例

飲食事業
年 商 15,000 百万円以上
店舗数 1000 店舗以上

削除率0%でも報告書発行スピードにメリットを感じて

消防設備点検費用

導入前 540 万円/年
導入後 540 万円/年

導入による効果

削減費用 0 万円/年
削減率 0 %/年
管理負担 -80 %/年
スマテンBASE導入前の課題を教えてください。
消防設備点検などの書類の多さに「やりにくさ」を感じていました。今後、後任が入ってくることも考えると、私自身が「やりにくい」と思っていることを引き継ぐよりも、効率化させた状態で渡したいと思っていました。社内ではSDGsの取り組みの一つとしてペーパーレス化を進めていたので何か良いシステムがないか探していました。
削除率0だが全店舗スマテンを導入した決めては?
スマテンBASEの話を聞いた時に、点検報告書が2週間程で出てくるところ、スピーディさに魅力を感じました。展開している店舗の数も多いので、紙ベースでの管理を続けていくには時間的にも難しいというところがありました。それに加えて点検費用も魅力的な金額を出していただいたところも決め手のひとつとなっています。
実際に導入してみてどうでしょうか?
ログインしてすぐに点検実施数や不良箇所が発生している建物の数が見られますし、案件進捗のページでは、見積もり中や点検中など各建物がどの段階なのか経過が見られるのがわかりやすいです。これまでは点検業者から約180店舗分の点検報告書が届き、チェックした後にデータ化する作業など、紙ベースで管理するには非常に手間と時間がかかっていました。修繕についても複数業者から相見積を取得するなど、作業効率に多大な労力と時間がかかっていましたがスマテンBASEを導入することで手間と時間を削減できるというのは、”塵も積もれば山となる”じゃないですけど、全体的なコストを抑えられて本当に助かっています。

他の導入事例