防火対象物点検

【消防設備点検】では消火器などが適切に管理されているか、いざという時に問題なく使えるかを点検するものですが、 この防火対象物点検では、避難通路が物で塞がれていないかだったり、適切に管理されているか主に環境面を見る点検です。

例えば、平成13年に起きた某ビル火災では、消防法令違反となる箇所がいくつもあり、小規模な複合ビルでの火災であったにも関わらず44名もの命が奪われてしまった実例も。

この火災を教訓に、平成15年に消防法が大幅に改正され「防火対象物定期点検報告制度」が施行されました。

同ビル火災でも避難の障害となる荷物が放置されていたり、消防設備の未点検が被害拡大の要因となりました。

普段から適切に管理し、定期的に点検をすることで有事に人命を守ることが出来ますので、法令遵守を頂けますようお願い致します。

【その他の点検について】

スマテンなら各種法令点検サービスを一括してご提供することが可能です。
建物管理のコストの削減や管理の効率化を実現できます。

提供サービス
スマテンMagazine
Facebook Twitter
お気軽にご相談下さい
〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄2-2-23 アーク白川公園ビルディング5F
〒116-0014 東京都荒川区東日暮里5-51-13 パシフィック日暮里603
Contact us
PAGE TOP