建物法令点検管理のDXを推進する「スマテンBASE」が新たに点検領域を追加

株式会社スマテン(本社:愛知県名古屋市、代表取締役CEO:都築啓一、以下「スマテン」)が開発・運営する、法令点検管理ツール『スマテンBASE』は、新たに屋外広告物点検の対応を開始します。

点検種別の追加について

全国の地方自治体において条例の制定や改定により義務化が進んでいることや、スマテンBASEをご利用いただいている企業様からの強いご要望により、屋外広告物点検の対応を開始いたしました。

今回の追加で、より建物に関する点検を網羅できるようになりました。

・消防設備点検
・防火対象物点検
・防火設備点検
・建築設備定期検査
・特定建築物定期調査
・空調フロン簡易点検
・空調フロン定期点検
・エレベーター点検
・貯水槽点検
・屋外広告物点検

点検ごとに管理する、業者を選ぶ、適正コストを探す手間はなくなり、より安全な建物管理と安心な運営体制を実現できます。

法令点検管理業務における課題

建物管理者はこれまで法令点検管理業務において

・アナログな管理体制
・報告書の保管場所の確保
・点検や改修工事のコストが不透明
・地域ごとや点検ごとの業者探しが面倒

など、様々な課題を抱えていました。

法令点検管理ツール『スマテンBASE』について

法令点検における「面倒くさい」を解決いたします。
実際に建物管理をされている方は、本業務だけではなく様々な業務の1つとして建物管理を行っているケースが大半です。『スマテンBASE』は、建物ごとの継続的な管理プロセス、書類管理を効率化しDX推進が出来るプロダクトになります。

【スマテンBASEの3つの特徴】

「透明性」
建物ごとの管理状況、不良箇所の有無など建物管理に関わるすべてをスマテンBASE上で簡単に把握することができます。
あらゆる情報が可視化されるため探す・調べるといった業務工数が削減されます。予算の管理においても、年度予算を設定いただくだけで自動的に計算されます。

「便利」
管理している建物の点検・工事の履歴はスマテンBASEにデータとして蓄積されるので管理を楽にできます。
消防設備点検の場合、年2回点検を行います。報告書は3年間の保管義務があるため紙での管理ですと保管場所を確保しなければなりません。
スマテンBASEを使うことでペーパーレス管理となります。

「安心」
ご利用者様を支える専任のサポートチームを設けております。
日程調整やご不明点など迅速に対応させていただきます。
スマテンBASEのチャット機能を使うことで、遡って把握・確認が可能です。

法令点検管理ツール「スマテンBASE」はこちら>>> https://sumaten.co/

スマテンBASEユーザー様の実際のお声

・物販店舗を全国展開されている企業様
「全国各地の法令点検依頼に応えていただき助かっております。これまで点検の書類やスケジュール、各点検の明細など全てバラバラな状態での管理をしていましたが、スマテンBASEを導入することで情報を分かりやすくまとめ、店舗管理におけるDXを推進することで、スムーズな管理体制をつくることができるようになりました。」

・福祉施設を全国展開されている企業様
「スマテンBASEにより、情報の見える化が進み、管理コストや点検・工事費用の削減に効果がありました。また、安心のある点検・工事依頼の仕組みができたことで、コンプライアンスの強化につながりました。」

・飲食店を全国展開されている企業様
「これまでは地域によってバラバラの業者を利用していたため、管理が煩雑になっていました。スマテンBASEを導入したことで窓口がひとつになり点検や改修の依頼がラクになりましたし、報告書の管理がWEB上でできるようになったので保管スペースも必要なくなりました。」

導入事例インタビューはこちら
https://mag.sumaten.co/category/case/

【会社概要】

社名: 株式会社スマテン
代表取締役CEO: 都築 啓一
本社: 愛知県名古屋市中区栄1-16-15 伏見DOビル7F
支社: 東京都豊島区池袋2丁目66−2 小林ビル3F
設立: 2018年4月
URL: https://corp.sumaten.co/

スマテンMagazine
Facebook Twitter
お気軽にご相談下さい
〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄1-16-15 伏見DOビル7F
〒171-0014 東京都豊島区池袋2丁目66−2 小林ビル3F
Contact us
PAGE TOP